日本国国旗

在上海日本国総領事館

Consulate-General of Japan in Shanghai

文字サイズ変更

総領事館の活動

活 動 報 告


 

1.各地指導者との会見等
 1月下旬から2月にかけて、磯俣総領事が江蘇省、浙江省、安徽省の地方指導者と会見等を実施。当方から日中関係の現状を紹介したほか、各地日商倶楽部の皆様にも同席していただきながら、経営活動に影響のある規制等については十分なリードタイムを以て適切に周知するよう要請いたしました。今後も様々な形で、各地政府と邦人コミュニティとのコミュニケーションの促進に努めて参ります。
 
2.「DISH//」交流・公演(日中青少年交流促進年記念)
 2月15日(金)、バンダイナムコ劇場にて開催。武道館公演の実績も多いDISH//のメンバーが、上海市内の高校で日本語を学んでいる学生等にダンスの手ほどきを行い、会場は熱気に包まれました。中国の若い学生達が日本に関心を持ち、勉強を頑張ってもらうよう激励する願いを込めたイベントでしたが、DISH//のメンバーも中国では初公演。日本の若いアーティストが、これから大きな発展が見込まれる中国ライブ・パフォーマンス市場と一緒に成長していくことにも期待がかかります。
           
   
 
       
 


 
 
 
 

   
3.東アジアクルーズの持続的発展に向けた意見交換会・レセプション
 2月21日(木)、当館多目的ホール及び総領事公邸にて開催。昨年は訪日クルーズ旅行客数が対前年比マイナスとなり、中国発着の訪日クルーズは調整期に入っています。質の高い旅行体験と、それを楽しむ質の高い旅行者(リピーター)との間での好循環を実現していくためには何が出来るか、国土交通省港湾局など日本側関係者と、中国側の旅行会社・クルーズ会社の幹部や責任者が一同に集い、率直な議論を行いました。
 
4.“創新&共創” 日中企業イノベーション協力フォーラム
 3月16日(土)、上海交通大学にて開催。昨年10月の安倍総理訪中において、イノベーション及び知的財産分野の協力を議論していくことが合意されたことも踏まえて実施。一橋大学イノベーション研究センターの軽部大教授をお招きしながら、日本のスタートアップ企業も含む双方の産官学関係者が集い、両国企業によるイノベーション分野での協力の可能性を探りました。議論が多岐に及び、日中双方の関係者から互いに対し高い関心が示されており,今後の具体的な発展に期待がかかります。
   













過去の情報