上海市での措置等に関する状況(3月7日時点での整理)

2020/3/7

●上海市においては,「3月3日」以降,新型コロナウイルス感染症が広がっている国・地域(日本を含む)から上海市に渡航される方に対して,14日間の自宅又は指定施設での隔離が求められています。
 

●3月7日現在,状況は改善されてきているようですが,3月4日から6日にかけては,飛行機が着陸してから乗客が空港を離れるまでに極めて長い時間を必要としたケースが発生しています。渡航日程の検討の際には十分ご注意ください。
 

●飛行機の着陸後は,検疫作業(アプリ登録や用紙記入,面談等),入国審査,荷物受け取り,空港外への移動という流れとなります。最初の検疫作業において,上海の指定施設での隔離を必要とするか判断される模様ですが,検疫官が乗客側の期待に反する判断を行ったケースが発生しております。目的地への移動方法,目的地における防疫措置(在宅観察を行うのか,指定施設で隔離予定か等)などについて,十分な情報を検疫官に提供できるようご準備ください。中国語での意思疎通に不安がある方は,所属企業等の協力を得て,関連情報を書面にまとめておくことなどをご検討ください。
 

●上海の空港から目的地への移動については,当局側の指示に従って下さい。当局側は,規制対象国から到着した乗客について,出来る限り上海市民との接触が行われないように移動していただくとの発想に基づいて,試行錯誤しつつアレンジの確立を目指しているようです。例えば上海市内の移動について,公共交通機関の使用が認められなくなり,当局側が準備するバス等による移動が求められるようになり始めているようです。
 

●上海市政府は,上海の空港から市外各地へ移動することを禁止してはおりません。国内航空線や高速鉄道を利用して移動される方に対しては,乗り換えポイントまでの移動手段を当局側が準備することが目指されているようです。なお,市外各地への移動を希望しながら,上海市内の指定施設に移送された場合には,当館にまでご連絡ください。
 

●最終目的地において,お住まいの場所での隔離が求められるのか,指定施設への移動が求められるかについても,現地当局の規制が急に変更となる事例が確認されており,移動中も常に最新の状況を確認し続けるよう心掛けてください。
 

●お困りのことがありましたら,当館までご連絡ください。

 

(参考)日本等からの入国者に対する規制

・各地において,日本等からの入国者に対する規制が導入されています。当館HPの情報も参考にしていただきつつ,お住まいの地域の最新情報をご確認ください。

https://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/00_001008_00001.html