新型コロナウイルス感染症(中国から日本への航空路線に関する注意喚起)

2020/4/3
●日本政府の「水際対策強化に係る新たな措置」により,4月3日から,中国を含む各国から日本への航空旅客便については,日本での検疫を適切に実施する観点から,到着旅客数の抑制が行われています。

●これにより,特に中国系航空会社においては,既に予約済みの場合であっても,旅客数を抑制するため,予約が急遽キャンセルされる事態が生じています。本3日の出発便では,空港に到着して初めてキャンセルが知らされたという事例が生じていますので,今後搭乗予定の方は,空港へ向かう前に,各航空会社にお問い合わせ頂いて予約状況を改めて確認するなど,注意をお願いいたします。

※4月1日,日本において「水際対策の抜本的強化に係る新たな措置」が決定されました(詳細は下記リンク参照)。日本への帰国等の際には、ご留意いただくとともに、最新の情報をご確認ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C046.html

(問い合わせ先)
※日本における検疫措置については厚生労働省(下記(1)),到着旅客数の抑制については国土交通省(下記(2))にお問い合わせ下さい。

(1)厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(日本における検疫関係)
   日本国内から:0120-565-653
   海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)
(2)国土交通省(到着旅客数の抑制関係)
   電話:(代表)03-5253-8111(内線)48179,48286