深刻な感染症流行時の受診

2020/1/10
深刻な感染症流行時の受診の流れは、新型インフルエンザ感染症では概ね以下のとおりとなっていますので御参考にして下さい。なお、各病院によって対応が異なる場合がありますので御留意下さい。

 

1. 発熱等の症状が出現した場合、2級以上の国立総合病院等に開設される発熱外来を受診し、専門の医者による診察を受ける。

 

2. 同病院での診断の結果、新型インフルエンザ感染の疑いが高いと判断された場合、病院は所轄区の疾病予防控制中心(CDC)に連絡する。区のCDCによる検査の結果、感染疑いがあるとされた場合、区のCDCは市のCDCに連絡する(この間、患者は発熱外来で待機する)。

 

3. 市のCDCによる再検査で、新型インフルエンザ感染の疑いが高いと診断された場合、患者は、指定医療機関(下記参照)に搬送され、同病院内で医療観察が行われる。

 

4. 最終的に新型インフルエンザではないとの診断結果が出れば退院が許可され、新型インフルエンザ感染という診断結果がでれば、同病院内で隔離及び治療を受けることになる。

 

【上海市における新型インフルエンザ患者指定医療機関】

 

○上海市公共衛生中心 (成人:目安として13歳以上)
住所:上海市金山区漕廊公路2901号
電話:021-37990333(内線8333)

○復旦大学附属小児科医院 (児童:同12歳以下)
住所:上海市閔行区万源路399号
電話:021-6493-1990

【上海市以外の新型インフルエンザ患者指定医療機関】

○江蘇省
南京第二人民医院
住所:南京市鼓楼区鐘阜路1号
電話:025-8362-6000(代表)、8362-6220(医務課)

○浙江省
杭州市第六人民医院
住所:杭州市西湖区留下横埠街2号
電話:0571-8648-1561(代表)、8648-1819(医務課)

○安徽省
合肥市伝染病医院
住所:合肥市曙光路91号
電話:0551-63362999(事務室)、63362952(医務課)

○江西省
南昌市第九医院
住所:南昌市洪都中大道167号
電話:0791-8499677(総務課)、0791-88499598(医務課)