map 本館・広報文化センタ- Tel:+86-(0)21-5257-4766 Fax:+86-(0)21-6278-8988 map  別館 領事部門 中国上海市延安西路2299号 Tel:+86-(0)21-5257-4766

中国上海市万山路8号 郵便番号200336

 

(広:+86-(0)21-6219-5917) (広:+86-(0)21-6219-5957)  上海世貿大厦13階 郵便番号200336 Fax:+86-(0)21-6278-6088
1 現在位置:ホーム >>諸手続き領事関連>>旅券関係手続き時の必要書類等のご案内

 

④ 旅券を紛失(盗難)、破損(焼失)した場合の手続き

印刷する場合はこちらをクリック

   旅券の盗難・紛失に遭われた場合、手続きは大変煩雑です。新旅券または帰国のための渡航書を入手の上、滞在査証(ビザ)を取得して頂く必要があります。すべての手続きを終えるのに約2~4週間を要します。旅券等身分を証明するものがないためにホテルに宿泊できない問題が生じた場合は、以下(※1)を参考にしてください。

 

旅行者や出張(※2)で緊急に帰国する必要があるため「帰国のための渡航書」を申請する場合
仕事等で中国に長期滞在しており、旅券を再申請する場合
               
1.最寄りの派出所(公安局出入境管理処ではない)へ行き、事案発生証明を入手する。但し、破損(焼失)の場合は不要です。なお、本項1.は下記4.申請の必須ではありませんが、念のため入手をお勧めします。
「我的护照丢了,请给我开具一份报案证明.(旅券を紛失したので事案発生証明をください。)」
                   
2.所管の公安局出入境管理処(上海市及び主な都市の出入境管理処)へ行き、旅券紛失証明(护照报失证明)を入手する。なお、必要書類については、旅券のコピーや運転免許証、宿泊票などが必要な場合もありますので同処にご確認ください。
「请给我开具一份护照报失证明.(旅券紛失証明をください。)」
                   

3.当館(別館領事部門または最寄りの大使館、総領事館で「紛失一般旅券等届出書」を提出し、紛失した旅券を失効させる。(必要書類:写真1枚、旅券紛失証明(上記1.ではなく、2.でもらったもの)


 未成年者の場合、親権者の同意書が必要です。また代理申請はできません。

 

※当館では写真撮影は行えませんが、当館ビル内にスピード写真機があります。(場所詳細

               
4.「帰国のための渡航書」を申請

●必要書類:
「戸籍謄本」又は「本籍が記載された住民票の写し」
(申請日前6ヶ月以内に発行されたもの。コピー可)
※3
写真1枚(上記3.と併せて計2枚必要)
③手数料 155元(現金のみ) 

●交付日:原則即日

 ※未成年者の場合、親権者の同意書が必要です。

4.「旅券」を申請

●必要書類:

戸籍謄本(申請日前6ヶ月以内に発行されたもの)1通他「③ 旅券の有効期限が切れてしまった」を参照

但し、上記③と異なり、交付時だけでなく申請時も必ず本人が来館する必要があります。また、破損(焼失)した場合は申請時に当該旅券の提出が必要となります。

 ※未成年者の場合、親権者の同意書が必要です。

               
5.ホテル(またはホテルを管轄する派出所)、住居を管轄する派出所で上記4.の番号が記載された臨時宿泊登記書を入手する。
                   
6.公安局出入境管理処(上海市及び主な都市の出入境管理処)で「出国査証(ビザ)」または紛失した旅券にあった査証の申請を行う(手続きに掛かる期間や必要書類については当該管理処に照会してください)。
               
帰国のための渡航書の有効期限までに出国
手続き終了

 

(※1)上海市政府が発表した関連情報(原文書はこちら)内「公安部門4、」に拠ると、「有効な身分証等がないためにホテルに宿泊できない外国人には、当該ホテルを管轄する派出所にて、身分に関する情報を提供すれば無有効身分証件境外人員住宿核査単(サンプルはこちら)を発行し、同書類にて宿泊することが出来る」(抜粋)と記載ありますので、取得可能場所を公安局出入境管理処(同処では取得出来ない場合があります)にご相談ください

(※2)帰国のための渡航書で帰国した場合、現在所持している中国の滞在資格(就業許可等)は失効してしまう(本邦で取り直し)恐れがありますので、公安局出入境管理処(上海市及び主な都市の出入境管理処)に確認してください。

(※3)戸籍謄本は本籍地の市町村役場、住民票はお住まいの市町村役場で取得できます。日本にいる方に取得してもらい、発行日が分かるように全ページを撮影又はスキャンし、メール等で送付できるよう電子データの保管をされることをおすすめします。