map 本館・広報文化センタ- Tel:+86-(0)21-5257-4766 Fax:+86-(0)21-6278-8988 map  別館 領事部門 中国上海市延安西路2299号 Tel:+86-(0)21-5257-4766

中国上海市万山路8号 郵便番号200336

 

(広:+86-(0)21-6219-5917) (広:+86-(0)21-6219-5957)  上海世貿大厦13階 郵便番号200336 Fax:+86-(0)21-6278-6088
現在位置:ホーム >>広報文化センター

 

兪彭年・上海市対外友協副会長への勲章伝達式

 

 

 

    2016年11月3日,我が国は兪彭年(ユ・ホウネン)・上海市人民対外友好協会副会長、上海市日本研究交流協会会長に対し,旭日小綬章を授与し,日本・中華人民共和国間の友好親善及び相互理解の促進に寄与した功績を称えることを決定しました。この勲章は、日本国内閣の助言と承認に基づいて、天皇陛下から授与される非常に栄誉あるものです。

 

 

  

    11月14日、上海総領事館公邸において、勲章伝達式が行われ、片山上海総領事より、兪彭年会長に対して勲章を伝達し、上海市対外友好協会関係者、上海外国語大学関係者、上海市日本研究交流協会関係者、上海市日本人コミュニティの代表者等、多くの方々が参加しました。

 

    また、兪会長とゆかりの深い長崎県からも、中村法道・長崎県知事、田中愛国・長崎県議会議長をはじめとする多くの皆様が駆けつけて式典に参加し、ともにこの勲章の授与を祝いました。

 

    兪会長は、日本で生まれ育ち、1953年の16歳の時に、新中国建国に憧れて、日本を離れ、中国に戻られました。そして、生涯をかけて、第二の故郷である日本と祖国中国の友好交流促進に力を注いでこられました。

 

    1983年より上海市人民政府外事弁公室副主任、上海市人民対外友好協会副会長を務められた際の特に大きな功績の一つが、1996年の上海市と長崎県との友好交流関係樹立です。当時、長崎県は福建省と、上海市は大阪府との間で、すでに正式な姉妹都市関係をそれぞれ締結していため、長崎県と上海市は、正式な形の姉妹都市関係を結ぶことができなかったのですが、兪会長のご尽力のもと、姉妹都市に準ずる形の交流関係が結ばれました。今年は、友好交流関係樹立から20周年という節目の年であり、兪会長が築いた縁を礎に、交流関係は現在もますます活発に発展を続けています。中村法道知事も祝辞の中で「中国には『井戸を掘ったひとのことを忘れない』という言葉があるように、私たちも、兪会長の功績を決して忘れず、今後、長崎県と上海市の交流を一層拡大させていきたい」と述べられました。

 

 

    兪会長は、上海市政府という立場での日中友好関係促進へのご貢献のほかに、教育者、学者としても多くの功績を残されてきました。上海外国語学院(現在の上海外国語大学)では、20年以上にわたり、当地の日本語教育にご尽力されました。また、上海市日本研究交流協会の設立のほか、上海市日本学会の会長も14年務められ、上海での日本研究の発展に寄与されました。上海市政府退職後には、長崎県立シーボルト大学で、9年間教鞭を執られ、日中学生交流にも非常に熱心に取り組まれました。

 

    兪会長は、式典でのご挨拶の中で、民衆レベルの相互理解を深めることが、日中友好を促進させるための重要な要素であるとし、両国国民が一層深くお互いを知ることができるよう、今後も力を尽くしたいとお話されました。