map 本館・広報文化センタ- Tel:+86-(0)21-5257-4766 Fax:+86-(0)21-6278-8988 map  別館 領事部門 中国上海市延安西路2299号 Tel:+86-(0)21-5257-4766

中国上海市万山路8号 郵便番号200336

 

(広:+86-(0)21-6219-5917) (広:+86-(0)21-6219-5957)  上海世貿大厦13階 郵便番号200336 Fax:+86-(0)21-6278-6088
現在位置:ホーム >>広報文化センター

在上海日本国総領事館広報文化センター・メール配信サービス利用規約

 在上海日本国総領事館広報文化センター(以下「当センター」という。)では、希望されない方を除き、電子メール・アドレスを登録いただいた会員の方全員に、メール配信を行っております。センター会員(当センターよりのメール配信を希望されない方を除く)は、本規約の内容一切をご承諾頂いたことと致しますので、必ず本規約をお読みになり、御理解下さいますようお願いいたします。

第一条(定義)
1.「本サービス」とは、インターネット及び電子メールを利用して、センターの各種サービスや日本関連イベント等の情報提供を目的として当センターが運営する「メール配信サービス」をいいます。
2.「メール・ニュース」とは、本サービスにおいて当センターが利用者にお送り(配信)する個々の電子メール・ニュースをいいます。
3.「利用者」とは、当センターよりのメール配信を希望されない方を除き、当センターの会員の方をいいます。

第二条(本サービス概要)
本サービスの概要は、以下のものとします。
(1)当センターの各種サービスや日本関連イベント等に関する最新情報等を、利用者にご登録いただいた電子メール・アドレスへ、電子メールにて、原則として毎月1回お送りいたします。
(2)場合によって、号外をお送りすることがあります。
(3)前項(1)の他、特定の期間又は臨時に休刊することがあります。
(4)本サービスは事前に予告無く仕様を変更する場合がございます。

第三条(利用者)
1.利用者は本規約に従い、本サービスをご利用いただくものとします。
2.利用者は、本サービスにより得た情報(メール・ニュース等一切を含む)を、利用者ご自身の判断と責任において利用して頂くものとします。
3.利用者は、本サービスを利用するにあたり、第三者に迷惑、不利益を与える等の行為、本サービスの運営に支障をきたす行為、公序良俗に反するような行為を行わないものとします。
4.利用者は、メール・ニュースに掲載された情報を在上海日本国総領事館の許諾を得ずに、複製・転載、その他これに類する行為の対象とすることはできません。
5.本サービスによるメール・ニュースが不要な場合は、本サービスの所定の手続きに従って本サービスを終了することができます。

第四条(登録事項)
1.利用者は、電子メール・アドレスその他の登録事項の変更を希望する場合には、本サービスの所定の手続きに従って、当該変更の手続きを取るものとします。但し、手続きの関係上、変更の手続きをされてから、当該変更が有効になるまで数日を要することがあります。
2.利用者は、登録した電子メール・アドレス等を本サービスに関する通知の送付のために使用することを予め承認するものとします。
3.利用者に対する通知は、利用者の登録した電子メール・アドレスに当センターがメール・ニュースを発信した時をもって、当該通知は利用者に到達したものとします。

第五条(利用料金)
1.本サービスの会員登録及びメール・ニュースの購読は無料です。
2.利用者が本サービスの利用に要した電話料金及びコンピュータや通信機器等の費用は利用者が負担します。

第六条(利用資格)
当センターは、次のいずれかに該当する利用者につき、本サービスの利用の一時停止あるいは利用資格を取り消すことができるものとします。
(1) 登録事項に虚偽がある場合
(2) 本サービスの運営を妨害した場合
(3) 送信した電子メール・ニュースが3回以上連続で不達となった場合
(4) その他、本規約に違反する行為があった場合

第七条(免責)
1.当センターは本サービスの運営にあたり、利用者情報等について暗号処理等の必要な措置を講じますが、必ずしも安全ではなく、利用者はこのことを予め承認するものとします。
2.当センターは、利用者が本サービスを利用することで被害を被ったとしても、一切の責任を負わないものとします。
3.当センターが適正にメール・ニュースを配信したにもかかわらず、当該メール・ニュースが利用者に届かなかった場合、メール・ニュースに文字化けが生じた場合等、また、受信したメール・ニュースを利用者が誤って削除・紛失してしまった場合においても、当該メール・ニュースの再配信は行いません。
4.システムの都合上、場合により、同じメール・ニュースが複数回配信されることがあることを利用者は予め承認します。
5.電子メール・アドレスの登録変更がなされてから、当該変更が有効になって変更後の電子メール・アドレスにメール・ニュースが届くまでに日数を要することを利用者は予め了承し、当センターに対して再配信等の要求を行わないものとします。

第八条(保守)
1.当センターは、運営等の必要がある場合、本サービスの名称、内容、URL等を変更することが出来るものとします。
2.当センターは、本サービスの稼働状況を良好に保つため、利用者に事前の通知なく、本サービスの運用を停止することが出来るものとします。

第九条(規約の変更)
当センターは、本規約を任意に変更することが出来るものとします。この場合、変更後の本規約全体をホームページに掲示するものとします。本規約の変更は、次の(1)、(2)、(3)のうち、最も後の時刻をもって、有効になり、規約変更前に本サービスに登録した利用者に対しても当該利用者の承諾なしで適用されるものとします。
(1)ホームページ上に掲示された本規約内の変更日表示の午前零時
(2)変更された規約を掲示したホームページが利用者に対して送信可能化された時刻
(3)本規約に変更があった旨を、電子メールあるいはメール・ニュースにより利用者に通知した場合、当該メールあるいはメール・ニュースが利用者の相当部分に届いた24時間後

第十条(本サービスの終了)
1.当センターは、利用者に2週間前に通知することにより、本サービスを終了することが出来るものとします。
2.利用者は、本サービスの所定の手続きに従って本サービス利用を終了させることができます。但し、手続きの関係上、終了の手続きを頂いてから、当該手続きが有効になるまでに数日を要すること、およびその間に生じたインターネットプロバイダー利用料、電話料金その他これに類する費用を当センターに請求しないことを予め承諾しているものとします。
3.利用者は、本サービスの所定の手続きに従って本サービスを終了する唯一の手段であることを予め承諾しているものとします。
4.利用者が電子メール・アドレスの覚え違い等、その他利用者に帰すべき原因により、本サービスが終了出来ない場合、当センターがサービス終了のために対応する義務はないものとします。

第十一条(その他)
1.本規約は、効力、解釈及び履行を含む全ての事項について、日本国法によって支配されるものとします。
2.本規約に関し、利用者と当センターの間で生じた一切の疑義・紛争については、双方の友好的協議を通じて解決を図るものとする。
3.当センターは、本規約に付随する事項をサービス利用細則をもって定めることができます。利用者が本規約に合意した場合、サービス利用細則に従うことも同意したものとします。当センターはサービス利用細則を変更することがあります。その場合、変更を本サービスのホームページに掲示したときをもって、変更が有効になったものとします。

以上